Attribute

属性はダメージの有効度に関連し、Skill, Item, Race, から参照されます。
設定する項目は名前だけで、他のデータに依存しないので、データベースで最初に作成されるべきデータです。
プログラムの中では、属性によるダメージの変化に関してだけ使用されています。

ダメージを受ける場合は Race に設定された属性有効率をベースに、装備している防具の属性抵抗数の2乗分有効率が減少します。
水属性を持つ攻撃をした場合を例に説明します。

// 種族の水属性有効率が200で、水属性を持つ防具を2つ装備している場合。 var baseDamege = 64; var effectiveRate = (200 / (2*2)) / 100; // 合計32ダメージを受けることになります。 var damege = baseDamege * effectiveRate;